私立中学の中学受験について

 中学受験の受験先としては、最近増えている公立一貫校や国立の中学などもありますが、数の上で一番多いのが、なんといっても私立中学です。
私立中学は、それぞれ開学の精神や長年培われてきた伝統によって、はっきりした校風があるのが、特徴の一つです。
別学が多いのもその一つですが、特に注意しなければならない事として、宗教教育を施す学校が多い事、中でも女子校や大学付属を中心に、キリスト教の学校が多い事が挙げられます。
たとえトップクラスの進学校や地元の名門校であっても宗教色の強い学校もありますので、キリスト教の学校を中学受験の志望対象に入れるかどうかは、ご家庭の教育方針に照らして、慎重に検討されることをお勧めします。
 国公立と比べた私立の特徴としては、学費の高さがあります。
入学金、授業料、学用品代などの、公表されている額以外にも、寄付金や海外への研修旅行の積立などが必要な場合がありますので、中学受験の際には、志望する学校の学費についても、ご家庭で事前にきちんと調べておく必要があります。
さらに中学受験塾チョイスで分かりやすく説明されています。